スクール学則

  1. 研修の目的
    本学では、多様なニーズにおける介護福祉事業において、良質な介護サービスの提供ができる介護士の要請が目的である。

  2. 研修の名称
    本研修は、株式会社 アルワン が、アルワン介護職員初任者研修スクールとして運営する。
    (本社所在地:札幌市東区北23条東8丁目2-3)

  3. 研修の要旨

    事業所の所在地

    札幌市東区北23条東8丁目2-3

    研修形態

    通信(通学時は平日の開校)

    修業年限

    令和2年10月

    定員(人)

    15名

    受講料(円)

    51,220円(テキスト代含む)

    受講対象者

    本研修に参加の意向があるものはすべて受講可能
  4. 受講手続
    (1) 募集時期
    令和2年8月15日~令和2年9月20日まで
    (2) 受講料納入方法
    受講前日までの指定口座への振り込み又は、当日に限り現金支払い
    (3) 受講料返還方法
    受講前日までに事態辞退の申し入れがあった者に限り申し入れから2週間以内に現金振り込みにて返金。(ただし、振り込み手数料は個人負担とし、返金額より差し引く)

  5. カリキュラム
    別紙参照

  6. 主要テキスト
    介護職員初任者研修テキスト(中央法規出版株式会社)

  7. 修了認定
    (1) 出欠の確認方法
    各講義の開始前に受講生が出席簿に捺印し、事務局が講義中に確認を行う。
    遅刻・早退に関しては原則欠席とする。やむを得ず欠席の場合は所定の欠席届を提出することとする。
    (2) 成績の評定方法
    各項目において試験(実技試験を含む)を行い、優可・可・不可の3段階評価とし、不可の評定があるものに関しては補講・追試験を行う。
    (3) 修了の認定方法
    すべての講義の参加、実習の参加、通信項目においては課題の提出がある事。試験科目において、「不可」判定がないこと。
    (4) 修了証明書
    修了が認定された者には、別紙の修了証明書(携帯用含む)を交付する。
    なお、氏名の変更(手数料なし)や紛失(手数料1,100円)等により修了証明書の再発行が必要になった場合は、修了証再発行依頼書に必要事項を記入し、本人確認が可能な証書を添付し申請する。

  8. 補講の取扱い
    1.一部を欠席したもので、やむを得ない事情があると認められるものについては、当該課程教科数の概ね1割を上限とし、修了見込みのある者を対象として行う。
    2.補講における受講料については、1項目につき3,000円を受講者の負担とする。
補講料は補講終了後1週間以内に事務局へ直接納入することとする。
    3.なお、補講が発生する場合は、受講生と確認し、受講生が承諾した場合に補講を受講させることとする。

  9. 退学規定
    1.受講者が退学しようとするときは、所定の退学届を提出すること。
    2.受講者が当研修の定める諸規定を守らず、次の行為があったときには、退学を命ずることがある。
    ア 生行不良で改善の見込みがないと認められるとき。
    イ 学力劣等で修了の見込みがないと認められるとき。
    ウ 正当な理由がなくして出席が常でない者。
    工 研修の秩序を乱している者。

  10. 講師
    講師一覧を参照

  11. 実習施設
    ヘルパーステーションさくら

  12. その他
    この学則に必要な細則並びに、この学則に定めのない事項で必要であると認められる時は、法人がこれを定める。